夢と希望と幸せと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と希望と幸せと

◆人は誰でも健康になれる!豊かになれる!幸せになれる!◆

ヘモヒム(HemoHIM)に出会えて幸運&健康!

ダイエット、デトックス、アンチエイジング 健康食品、サプリメント、自然食品

【スポンサーリンク】

 

blog.enliberich.com

 

こんにちは。happynewlifeです♪

ヘモヒムとは、私が以前韓国で暮らしていた時に出会った健康食品の名称です。厳密にはKFDA(韓国食品医薬品安全庁)の個別認定型第1号の健康機能食品です。第1号だからそれまでなかった素晴らしい健康機能食品だということが想像つきますね(笑) 

福島在住の末期ガンの方に飲んでもらって、「3か月でガンが半分になった」と報告頂きましたが、本当でしょうか?笑 あくまでも健康機能食品(サプリメント)であり、決して医薬品ではありません。

 

f:id:enliberich:20170209213458j:plain

youtu.be

【ヘモヒムとの出会い】

あれは、韓国でお店をオープンした初日、突然見ず知らずの体格のいいおばさんが部屋に飛び込んできて熱く語りだしたのがきっかけでした 笑 数日後、きれいなおばさんが一緒に来られてクロージング?!笑 臨床データを見せられて超ビックリ!私は直感でこれは凄い!と思い製品を注文しました。

数日後、到着したヘモヒムを飲み始めて更にビックリ!一日でその効果を体感しました。私の掌から気が爆発的にでたのでした。興奮した私は、国際電話で以前の日本のお客様や知り合いなど健康を真剣に求められる方々に勧めました。原発被害の福島の方々は勿論、日本人全員に飲んで頂けたらと思っています。

 

【ヘモヒムの体験談】

大阪在住/40代女性/花粉症

f:id:enliberich:20170209213932j:plain

花粉症の件ですが、私は30年前から花粉症に悩んでいました。毎年3月前半からゴールデンウィークぐらいまでの間です。鼻はもぎ取りたいぐらい、目はメン玉を洗いたいほど、鼻はつまり目はかゆくなります。体にも花粉が入っている感じが分かり、体全体が重だるくなっていました。

20年ほど前から漢方の少青竜湯を、日に3回、症状が治らない時はニポラジンを飲んでいました。現在も漢方は日に1包は飲んでいますが、(ヘモヒムを1年間飲み続けた結果)鼻がつまることは全くありません。ここ数日、大変温かく花粉もマックスに飛んでいるようです。こんなに楽な春を迎えることができて本当に嬉しいです。2014.春

youtu.be

 

【ヘモヒムって何】

f:id:enliberich:20170209214139j:plain

韓国の国策機関である原子力研究院で8年間掛けて開発した天然生薬複合生成物です。ヘモヒムは2006年にアメリカとイギリスで特許を取得しました。アメリカの食品医薬品局(FDA)の検査結果、農薬や重金属などの毒性物質が検出されないという安全性が立証され、2005年に韓国国内特許2種の登録に続き、アメリカや日本などで特許登録を終えました。

ヨーロッパではイタリア、イギリス、ドイツ、フランスで特許登録されています。日本でも2007年に『抗癌、免疫及び造血機能増進効果と酸化的生体損傷の抑制効果を持った生薬組成物とその製造方法(特許第4055951号)』として権利化されました。

 

【ヘモヒムの製造元は?】

f:id:enliberich:20170209214249j:plain

ヘモヒムの製造元は、コルマーBNH(旧サンバイオテック)社は、韓国原子力研究院と韓国コルマー(上場企業)が技術協力と共同出資して設立されたもので、2006年4月に研究所企業第1号として、教育科学技術部の認証を受けている企業です。

ヘモヒムは2004年7月に施行された健康機能食品法により、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)から2006年3月に健康機能食品の個別認証型第1号として認証(食薬庁第2006-17号)されています。

 

【ヘモヒムは何からできているの?】

f:id:enliberich:20170209214349j:plain

ヘモヒムは、韓国原子力研究院の食品生命工学科で放射線技術を用いて、臨床実験を通じて安全性と機能性が立証されています。主要成分は、当帰(トウキ)、センキュウ、芍薬(しゃくやく)などです。漢方薬の中薬に属します。中薬には毒性がありますが、その毒性を排除したところが凄いですね。韓国固有の生薬材料3種を混合して製造した純粋な生薬複合組成物です。

抽出した成分を生命工学技術と放射線利用技術の融合技術で各生薬の有効成分のみを混合した複合組成物であり、新物質であると発表されました。動物実験及び癌患者に対する臨床試験の結果、放射線及び抗癌剤治療の副作用を防ぎ、免疫細胞回復の増進と造血機能活性化などによる抗癌治療補助効果が優れていることが分かりました。

 

【ヘモヒムの安全性は?】

f:id:enliberich:20170209214501j:plain

※アメリカのFDAの無毒試験に通過しました。

 

【ヘモヒムの効果は?】

f:id:enliberich:20170209214623j:plain

f:id:enliberich:20170209225620j:plain

※アメリカの医療文献サイトPubMedに掲載されている文献は2017年2月9日現在12件になります。通常の健康食品だとよくて2つ程度しか出せないそうなんだとか。

 

f:id:enliberich:20170209214751j:plain

※ヘモヒムのダイエット効果は体脂肪を燃焼させる訳ではなく、天然生薬複合組成物ヘモヒムによって中性脂肪をできにくくするというものです。

 

f:id:enliberich:20170209214852g:plain

  • NK細胞(骨盤で生成されて身体に有害な物質を破壊する免疫細胞)の活性
  • cytokine(免疫体系で中心役割をする細胞の一種)の生成改善
  • 免疫力の増進で健康維持と免疫細胞の活性により、生体防御能力の増進

ヘモヒムの開発を主導した放射線利用研究部のチョ・ソンギ博士は「ヨーロッパ諸国の場合、物質特許を取得するのは大変難しく、イギリスで複合組成物質特許を取得したのは、意義深い」と話しています。

 

【韓国でニュース報道されたヘモヒム】

韓国の4大放送局である、KBS・SBS・MBC・YTNのメインニュースタイムに、ヘモヒムに関する報道が沢山されています。

youtu.be

 

【韓国の大学教材に掲載されているヘモヒム】

f:id:enliberich:20170209215123j:plain

★(4)HemoHIM 当帰など混合抽出物・・・

 

【ヘモヒムの飲み方】

f:id:enliberich:20170209215436j:plain

ヘモヒムは飲みやすい濃縮エキスタイプの健康機能食品です。朝、昼、夕食前の空腹時にお飲みください。ヘモヒムを飲んだ後は、お水(白湯、ぬるま湯)を沢山飲まれると吸収が良くなると言われています。

健康な人は、一日2包で十分です。無害ですので体調に合わせて包数を増やして飲まれてください。ちなみに、ガンの方は一日6包まで効果がアップするというデータがあります。ガンの方は初めから一気に増やすと間違いなく好転反応が起こりますので、注意が必要です。飲み方の指導ができる人のアドバイスをもらいながら試してください。

f:id:enliberich:20170209223706j:plain

※寝る数時間前に飲まれると元気が出過ぎて寝れなくなりますので、寝る時間の4時間より前に飲まれるのが良いと思います。経験者は語るでした(笑) ヘモヒムは世界中の人々に愛飲されています。

 

【ヘモヒムの購入方法】

ヘモヒムは日本国内で販売できない商品になっています。理由は、原料に中薬が使われているということで、日本では薬効があるため医薬品扱いになってしまうため輸入販売ができないのです。

じゃこれ↓↓↓は何なんだと言われそうですが・・・

私の知るところではありません(笑) 中国製の偽物も出回っているという噂ですが、これはどうなのでしょうか?賞味期限は切れてないのでしょうか?

私が知る方法は、韓国からの個人輸入になります。製品代金(ウォン)+送料+韓国側の手数料の合計を為替に合わせて円に変換+日本からの送金手数料の合計を私が預かり、韓国の知り合いに送金します。信用で先に製品を注文して頂き、知り合いが製品を受け取ったらそれを日本の注文された方に直接送るという流れになります。到着まで余裕を見て10日~14日くらいですかね。一年前の製品ではなく生きのいいのが届きます(笑)

私に個人輸入代行を依頼されてヘモヒムを飲まれる方には、ヘモヒムを飲んだ時に起こる可能性がある好転反応の一覧とその方に合わせた飲み方などをご指導させて頂いています。はっきり言って、私はくたびれ儲けです。家内にはお金にもならないことをしてるって言われています(-_-;) 止めようと思ったのですが、飲み続けていらっしゃる人とかガンの方、難病の方に会うと紹介せずにはいられないんですよね~。

本当にいいものだから。いいものを知ってて知らせないのは良くないですよね?私的にはもう少し年取って体調が悪くなった時の最後の切り札くらいに思っています。瀉血するのとセットなら本当はもっと効果的なんですが、一般の方はできないですもんね、残念。いつか瀉血についても記事書きます。ではまた。

 

blog.enliberich.com