夢と希望と幸せと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と希望と幸せと

◆人は誰でも健康になれる!豊かになれる!幸せになれる!◆

気と生命のゆらぎと気功瞑想(究極の幸せタイム)

健康生活、不老長寿、治療法

【スポンサーリンク】

 

blog.enliberich.com

 

こんにちは。happynewlifeです♪

今回は、ストレス社会に生きる私たちが少しでもストレス解消をして健康に生きるための「気」の活用についてお話致します。

日常生活の中では、雑念により気(エネルギー)を消耗することが多くあります。心の中での誰かの悪口、言い訳、無駄な想像、想念などに神経を使いすぎると知らない間に気の消耗が起こります。

特に、マイナス思考、否定的思考、非建設的思考は気を無駄遣いするだけで、よい結果は何も生みません。

 

f:id:enliberich:20170212000753j:plain

気とは

一時、気は見ることもできず触れることもできなく感じることもできないとされ、非科学、迷信として置き換えられた時代があります。古くはイエス・キリストがライ病を気功で治したというのも、逸話だと思っている人も多いと思います。

f:id:enliberich:20170212083849j:plain

しかし、多くの気功人たちにより科学的な装置が開発され、遂に気を見ることができる「キルリアン写真機」が開発され普及されました。また、コンピュータ測定器まで開発され、「エネルギー磁場」の状態を通して健康診断をするようになりました。

f:id:enliberich:20170211232707j:plain

更に、最近のドイツでは「バイオレゾナンス波動医学」が盛んで、臓器やチャクラの気の周波数を整えることで健康維持促進ができる様々な機器やグッズなどが登場しています。

*****************************

【スポンサーリンク】

f:id:enliberich:20170211235729j:plain

【使用上の注意】

気功ができない人にはこれがオススメ。一日一回流水で20秒以上邪気を流す「浄化」をしてお使いください。

*****************************

 

逆に、気功修練の核心であるヨガや丹田呼吸、動功などが一般人たちにも普及されており誰でも少しだけ修練すれば気を見ることができ、感じることができ、触れることができるようになりました。

心は気に影響を及ぼし、気は血液循環に影響を及ぼし、血液循環は筋肉に影響を及ぼし、筋肉は筋肉の中にある神経、靭帯に影響を及ぼし、靭帯は骨に影響を及ぼします。結局、気は心と血管の間で精神と肉体の橋梁の役割をしています。

気が悪かったり散れば、心と精神に影響を及ぼし血液循環障害が生じ発病を誘発します。血液循環障害は筋肉を硬くし、靭帯を硬くし骨を歪めてしまいます。このように気の作用は精神と肉体に莫大な影響を及ぼします。

 

【生命のゆらぎ】

f:id:enliberich:20170211233112j:plain

上図は生命のゆらぎを表した図です。これを私たち人間に当てはめて見ますと、人間は様々な食べ物からエネルギーを摂り余分なものを排泄物や排熱として捨てています。これは熱力学的に言えば、定常解放系と呼ばれる物理学系に対応してきますが、その系の中では「ゆらぎ」と呼ばれるバランスを取ろうとする働きが絶えず営まれています。

このバランスがプラス側かマイナス側に偏った場合、いわゆる体力の低下や疲労、栄養の偏向などを示しており、バランスの崩れが大きくなり過ぎると、一般に病気と呼ばれる現象に陥ります。(点線部で示しています。)

この図で言えば、病気とはこのバランスの中点0の力が弱まり、「ゆらぎ」が停滞化していることを意味しています。その停滞化が身体の中の様々な疾病となって現れてきます。

人間には「自然治癒力」という生来の能力が備わっています。傷口が自然に治ったり、少々、具合が悪くても、放っておけば自然に元の状態に戻る力のことです。この力は0点がプラス側かマイナス側に傾いた状態を常に引き戻そうとする力の現れと考えてもよいでしょう。即ち、人間の本来あるべき秩序に0点が呼び戻そうとしているのです。この引き戻しの力が、「ゼロポイントエネルギー」に相当します。つまり、無秩序の状態を秩序ある方向へ引き戻す働きのことです。

正確な表現をすれば、一つの力が無秩序の方向へ働く時には0点が常に秩序ある方向への引き戻しの力として働いてきて、「ゼロポイントエネルギー」として作用するという言い方ができるでしょう。

その意味で「ゼロポイントエネルギー」は無秩序方向の力がなければ作用してきません。ですから、人間にとって害になることは絶対にあり得ないということが言えます。害がある所にしか0点は働いてこないからです。

気の科学的実験データを見ると、血中のヘモグロビン量、ホルモン分泌量、免疫淡白などの人体の生理指標となる物質の改善という形で如実に現れます。その理由は平たくは生命エネルギーが強化されたからです。

別の表現をするならば、生体の各器官、各組織、各細胞の働きが秩序化され、エントロピーが減少したということです。つまり、気は「ゼロポイントエネルギー」に通ずることを意味しています。

「気」を活用することで、人間の内に秘められた素晴らしい潜在能力を最大限に高めることができると考えています。気を活用すると言うことは「治す、治さない、以前の話」であり、宇宙意識が与えてくれた「自然体を維持する自然なあり方」だと考えます。

気(生命エネルギー)が高まるということは、新しい自分を創造する力が高まるということを意味します。

言い換えれば、理性と知性を中心に頭脳を優先させるのではなくエネルギー面(生命力)を先立たせることで心の安定と平安さを感じ、自然に思考の転換を誘導することになります。結果的に心(意識)も肉体も自ずと良い方向に動き出します。

「気」を活用すると、精神面の安定が維持され、人生を楽しみながら感謝して幸福に生きることができるようになります。

 

【気功瞑想】

f:id:enliberich:20170211233714j:plain

気功瞑想中には、色々な映像がよく見えます。脳脊髄液がスムースに流れている健康人が深い瞑想状態に入ると顕著に現れます。

瞑想中に見える映像は様々ですが、宇宙や宇宙意識を感じたり、命の尊厳さ、自然への畏敬の念、人生の醍醐味を感じたりします。(上図は、happynewlifeが瞑想中に実際に見えた映像の一部をイメージ図化したものになります。)

f:id:enliberich:20170211234847j:plain

発光する気を感じながら瞑想をしますので1~2時間はあっという間に過ぎていきます。心にゆとりが生じ、人生が更に豊かに感じられます。無駄な雑念を払うのにとても有効的な気功瞑想を実践されることをおすすめします。

 

blog.enliberich.com